IMG_0843IMG_0835

早川 博史 ぽれぽれ(写真中央:平成15年8月1日採用:東京福祉専門学校)

地域活動支援センターⅡ型ぽれぽれには、職員が8名所属しています。今日はその中の2人の職員を紹介させて頂きます。一人目は小林勇輝さん(写真左:平成22年9月10日採用:市原ドレスメーカー専門学校)。ぽれぽれ内では作業責任者として、受注先企業との折衝や作業内容の精査、割り振りなどを行って頂き、日々ぽれぽれが良くなるように努力して頂いています。小林さん曰くまだまだ、慣れないことが多くあるとのことですが、やりがいがあり、日々とても充実しているとのことです。もう一人は丸山里美さん。入社してから(7年目)ぽれぽれ一筋でぽれぽれのことなら何でも知っているお姉さん的な存在です。私より年下ですがとても頼りになります。たまに怒ると怖いですが・・・仕事も遊びも常に全力、一生懸命をモット―にこれからも日々を楽しく、充実した時間を過ごしていければと思っております。

 

丸山 里美 ぽれぽれ(写真右:平成21年8月1日採用:千葉明徳短期大学 保育創造学科)

私は入社してから6年間地域活動支援センターぽれぽれで勤務をしていて、今年で7年目になりました。利用者支援では作業を主に行い、作業を通して社会生活に必要なマナー等自分自身も気を付けながら支援をしています。入社して間もないころは、作業を覚える事で精一杯になってしまい、周りの利用者さんが見えていませんでした。ときに「私は何をしに来ているんだろう」と思う事もありました。そんなとき、上司や先輩に「自分の作業だけをやるのではなく、作業をしている時に周りの利用者さんを見渡すときを作る」と助言を頂きました。私は、利用者さんが1番という事を忘れていたことに気が付きました。それからは 利用者さんに積極的に声を掛けるようになりました。今では、利用者さんとの信頼関係も築き上げて来てると思います。悩んでいるときや、困ったときに声を掛けてくださる上司のおかげで、心身共に成長出来たのだと思います。なので、私もそんな先輩になれるように頑張ります。そして、九曜会ではバレーボールを行っています。他施設、他事業所の職員とも交流を深めながら、身体を動かしてリフレッシュしています。興味がある方は見学からでも良いので、是非来てください。