九曜会 事業案内

事業内容

社会福祉法人九曜会は、障害者自立支援法に基づき、生活介護事業「市津学園」と生活介護事業及び施設入所支援「千原厚生園」、生活介護事業「たかね園」の設置・運営をしており、日々の施設利用者の日中活動や生活面でのサポート等をしています。

主な活動については、野菜の作付けを中心とした作業やリサイクル(空き缶)、リハビリ等の作業を始め、行事の開催や余暇時間の支援等を行っています。

老人福祉での介護保険の導入で、『福祉』が身近になりつつありますが、知的障害者の地域ならびに社会からの理解は、依然として特別な人といった解釈が根強い状況といえます。

障害者の福祉制度の改革が進められ、社会参加、地域生活への移行と方針、施策が進められていますが、実態として知的に障害を持った人たちが社会の中の一市民としての考えにまで進んでいないように感じられます。施設の中で偏りがちな活動から、今後の事業展開に、地域や社会に目を向けた活動を取り入れて行きたいと考えています。その一つとして、地域の小学校に協力をいただき、交流をもつ機会を持ちました。いずれ社会に出る子供たちに、障害を持った人、あるいは施設を理解してもらえれば、近い将来、障害者に対する偏見のない社会が実現するものと信じております。

今後、施設を利用している人たち本人にも、地域生活支援事業(グループホーム)の支援や地域の福祉拠点としての役割を担い、地域福祉・在宅福祉の向上に努めて参りたいと考えています。

施設は、『公民館』ととらえ、多くの人たちが集う場所と考えていますので、一度、施設まで足を運んでいただければ幸いです。